1. TOP
  2. News
  3. 『SCENE』101号を発刊しました。

2020.04.02 お知らせ NEW

『SCENE』101号を発刊しました。

甲南女子大学


 

今回のシーン101では、甲南女子大学様、東大阪市文化創造館を特集し、大学や短期大学、小・中・高等学校、公共施設、海外などの納入例も紹介しております。

 





特集 SPACE QUEST 01

甲南女子大学

創立100周年から次の100年へ。未来への実践力を培う教育を推進。

2020年4月、甲南女子大学に国際学部が開設され、2つの学科による新たなスタートを切ります。これに伴い、学科の活動拠点となる2つの「コモンルーム」をリニューアルし、新コモンルームが誕生しました。 「未来への実践力」を養成する場として期待される新コモンルームの役割について、コモンルーム開設の発案者でもある学長の森田勝昭氏にお話をうかがいました。

 

 

 



特集 SPACE QUEST 02

東大阪市文化創造館

モノづくりのまち、ラグビーのまち、そして「文化創造のまち」へ。

2019年9月、東大阪市民の新たな文化芸術の創造拠点として「東大阪市文化創造館」が開館しました。1,500席の大ホールと、300席の小ホールはいずれも優れた音響空間と上質な鑑賞環境を実現し、市民の文化創造活動に利用できる部屋を20室も設置しているのは全国有数となります。「モノづくり」と「ラグビー」で知られる東大阪市が、次いで目指す「文化創造のまち」の拠点となる当館について、開館に先立つ8月、当時の文化創造館開設準備室室長であった畑中浩明氏に完成までの経緯と施設の特長を、設計を担当された佐藤総合計画の竹馬聡氏に、設計のポイントを語っていただきました。