1. TOP
  2. News
  3. 『SCENE』86号を発刊しました。

2016.07.07 お知らせ NEW

『SCENE』86号を発刊しました。

飯山市文化交流館「なちゅら」


 

今回のシーン86では、飯山市文化交流館「なちゅら」様、松山大学樋又キャンパス様を特集し、大学や小学校・中学校、専門学校などの納入例も紹介しております。

 





特集 CULTURAL SPACE QUEST

飯山市文化交流館「なちゅら」

“ナカミチ”でつなぐ、市民が行き交う文化の場。
2020年東京五輪のメーンスタジアム新国立競技場のデザインを手掛けた建築家・隈研吾氏の設計による飯山市文化交流館「なちゅら」が2016年1月にオープン。北陸新幹線・飯山駅開業に合わせて新設され、質の高い音楽環境を備えた芸術・文化振興の拠点となっています。雁木(がんぎ)と呼ばれる雪国独特のアーケードにヒントを得た路地空間“ナカミチ”が施設間を繋ぐ拠点は、市民が気軽に使える公共施設です。そういった建築計画と大ホールなどの施設づくりについて、隈研吾建築都市設計事務所・設計室長の川西敦史氏と寺川奈穂子氏にお話 を伺いました。

 

 

 



特集 NEW TREND

松山大学 樋又キャンパス

地域とより強くつながる、新しい学び空間。

四国で最も古い93年の歴史をもつ松山大学は、校訓「真実」「実用」「忠実」の「三実」を現代に活かした、就職に強い大学として高い評価を得ています。その実績を踏まえ今後の進展を視野に入れて、2016年4月にオープンした樋又キャンパスに新しい学びの空間を設けました。中庭を囲む地上4階建てのキャンパスには、アクティブ・ラーニングに最適な場や地域との交流スペースもあります。新設の趣旨や活用について、学校法人松山大学理事長・学長である村上宏之氏にお話を伺いました。