フェニックス・コンベンションセンター
PHOENIX CONVENTION CENTER

所在地 : アメリカ合衆国 アリゾナ州

納入年:2006年/2008年

施設紹介環境都市をめざすアリゾナ州都フェニックスにあるコンベンションセンターに、テクスの海外仕様「デイライト」が採用されました。気候温暖な300万人都市であるフェニックス市は、近郊都市ラスベガスに対抗して「環境」をテーマに都市開発計画を進行中。その一環として増改築が行われている「フェニックス・コンベンションセンター」は、2008年の2期工事が完了すると、貸しスペースの総面積が81,000㎡、延べ床面積は232,000㎡にもなる広大な国際会議場です。周辺にはコンサートホールなどの施設が建ち並び、国内外からの利用者招致による発展が見込まれています。建設事業にあたっては、環境保護に基づいた施設として、政府認可の建築プロジェクト環境促進機関「LEED」の証明書を獲得することが命題となり、使用する家具にも環境対策が求められました。
1期工事で完成した西棟のエキシビションホールや会議室に、約7,000脚の「デイライト」が採用されました。選定にあたっては、全パーツが100%再生可能であると同時に本体にもリサイクル材を使用し、さらにホルムアルデヒド等の低排出品であるといった環境性能が評価され、「LEED」証明書の獲得に貢献することにもなりました。また、スタッキングチェアの特性として「軽量、高レベルのスタック性、快適な座り心地に魅力的なデザイン」といった点も高く評価されています。

関連ページ

最近チェックしたコンテンツ