宝生能楽堂
HOSHO NOHTHEATRE

所在地 : 東京都

納入年月:2014年8月

宝生流は、室町時代より続く能のシテ方(※主役を演ずる役者。現在は、シテ方の流派として宝生、観世、金春、金剛、喜多の5流派がある。)の流派です。 拠点の宝生能楽堂は、創建から幾多の変遷を経て、1978年に現在の姿が完成しました。 昨年の35周年を機に、観客へのホスピタリティーを向上するために観客席の全面改修を行ないました。元来は屋外で催されていた能楽(※能と狂言の総称)。その舞台を囲んでいた自然の色調 “アースカラー”をテーマに、劇場環境をリニューアル。

関連ページ

最近チェックしたコンテンツ