1. TOP
  2. 講義室 プランニングと選定のポイント

講義室 プランニングと選定のポイント

一人あたりの十分なスペースの確保。

限られたスペースでも、一人ひとりの十分なデスクとイス周りを確保し、最適なレイアウトをご提案します。

視野を確保し、集中力を高める空間設計。

段床やスロープ床、円弧配列やナナメ配列など、設計から施工まで一貫して承ります。

スムーズな通り抜け。

大勢の人が集まる講堂や講義室ではスムーズな通り抜けと離着席が不可欠。イスの後方を通り抜けできるSCF-5505やSCF-5105、通路幅の広いSCF-1507やSCF-1501など先進的なモデルをラインナップしています。

後方通路タイプ   SCF-5505  SCF-5105
前方通路タイプ   SCF-1507  SCF-1501

快適な座り心地と安全性・耐久性。

イスは、大型のシェルと身体に沿った3次曲面のデザインを採用し、座り心地を追求しています。また機構部のカバーリングなど安全性や耐久性に優れた商品を開発しています。