1. TOP
  2. 講義室 プランニングと選定のポイント
  3. 講義室テクニカルガイド 平面計画

講義室テクニカルガイド 平面計画

直配列

直配列は最も効率良く収容人数を確保できる合理的な配列方法です。ここでは一般的な各部の寸法をご紹介します。

教卓から前列机まで600mm以上
教壇から前列机まで約600mm以上 教壇奥行900mm〜1,200mm
壁から前列机まで約1,500mm以上 中通路幅600mm以上
側通路幅300mm〜400mm 後壁から椅子まで約500mm

通路寸法300〜400mmは、横向きで通り抜け出来る寸法です。500mmあれば余裕ができます。
扉などがある場合は、机・椅子に干渉しないように通路寸法または連結数を調整してください。

[前方通路タイプ]
SCF-1507SCF-1501
天板奥行 350mmまたは、400mm 前後間隔/天板奥行が 350mmのとき、800mm・400mmのとき、850mm
1人当りの専有幅 SCF-1507 : 560,580,600mm、SCF-1501 : 560,580,600mm

[後方通路タイプ]
SCF-5505SCF-5105
天板奥行 350mmまたは、400mm 前後間隔/天板奥行が 350mmのとき、800mm・400mmのとき、850mm
1人当りの専有幅  SCF-5505 : 600mm、SCF-5105 : 650mm(ワイドサイズ)・600mm(レギュラーサイズ)

連結数

連結数は前後間隔や、商品などの条件にもよりますが、一連が大教室で最大9人程度、中教室で7人程度、小教室は3〜5人連程度で考えます。試験での利用を考えると奇数の連結をお奨めします。

黒板を見る角度

黒板の端部を見る上で最も不利な位置は、最前列の両端の座席です。極端に間口の広い教室や、黒板と最前列机の距離が短かすぎると、図中Aの角度が小さくなり、黒板を浅い角度で見ることになります。収容人員にも関わることなので、計画の初期段階で配慮が必要です。

斜め配列

教師や黒板を見る際、教室の壁や窓に近い位置でも無理な姿勢にならないよう、机イスを斜めに配列することができます。下図は、前方通路タイプと後方通路タイプを同一条件で比較したものです。(1人当りの専有幅:600mm、天板奥行:400mm)

[前方通路タイプ]
 SCF-1507   SCF-1501


計画のポイント

〈1〉前方通路タイプの斜め配列は、天板と背もたれを伸ばして、2列目以降の天板スペースを確保します。(部分)
前後間隔と振り角度によって、天板を伸ばす長さが変わります。

〈2〉斜め配列のブロックは、直配列のブロックと比較して前後間隔が短くなります。振り角度が10°を越える場合は、前後間隔を広げて下さい。

〈3〉前後間隔と天板奥行、振り角度により、寸法が変わります。図中の寸法は1,987mmとなります。寸法は側通路幅にも影響するため、あらかじめチェックが必要です。

〈4〉振り角度が15°以上の場合、伸びた天板を支える為の補助脚が必要です。


 
[後方通路タイプ]
 SCF-5505   SCF-5105


計画のポイント

〈1〉後方通路タイプの斜め配列は、天板と背もたれの伸びはありません。

〈2〉斜め配列のブロックは、直配列のブロックと比較して前後間隔が短くなります。振り角度が10°以上の場合は、前後間隔を広げて下さい。

〈3〉天板奥行と振り角度により、寸法が変わります。図中の寸法は1,833mmとなります。寸法は側通路幅にも影響するため、あらかじめチェックが必要です。  

円弧配列

全ての生徒の視線が円弧の中心に向かうレイアウトです。段床と併せて計画すると、緊張感と求心力のある空間づくりができます。 諸条件を総合的に検討・判断して、最適なレイアウトをご提案します。

[対応品番]SCF-5505SCF-5105