1. TOP
  2. 講義室 プランニングと選定のポイント
  3. 講義室テクニカルガイド 断面計画

講義室テクニカルガイド 断面計画

スロープ

講義室の奥行が大きくなる程、後列に座る人は教師や黒板が見づらくなります。スロープを設けることで良好な視線を確保できます。

[前方通路タイプ]

計画のポイント

〈1〉スロープ床の場合、スロープ基準点から天板高さやイス座高を設定します。スロープ基準点の位置は製品により若干異なります。
〈2〉前方通路タイプは、脚座をスロープに合わせた角度に設定します。
〈3〉スロープの起点に、机の脚部がかからないよう調整してください。

[後方通路タイプ]

計画のポイント

〈1〉スロープ床の場合、スロープ基準点から天板高さやイス座高を設定します。スロープ基準点の位置は製品により若干異なります。
〈2〉後方通路タイプのイスは、スロープの角度に合わせたベースが追加されます。
〈3〉スロープの起点に、机の脚部がかからないよう調整してください。

段床

大規模な講義室や、見て学ぶことが重視される実習系の講義室などは、段床を設けて視線を確保する必要があります。

[前方通路タイプ]

計画のポイント

(A)段床高さが100mm以上の場合、背もたれ上部に目隠し用の幕板がつきます。

[後方通路タイプ]

計画のポイント

(B)天板面は段床から50mm以上後退して配置願います。
(C)段床高さが150mm以上の場合、ダブル幕板をお奨めします。(最前列用と同じ)

※段床がある場合は、段床の位置を基準にレイアウトします。段床の前後間隔は、レイアウトの前後間隔または、前後間隔の倍数とします。