axona AICHI 愛知株式会社

ALL

HISTORY 沿革

axona AICHI はこれまでに、世界初の機能や後にスタンダードとなるデザインなど、時代をリードし、今では広く一般に普及した製品の開発を行ってきました。教育・公共家具の分野で時代を築いた革新の「ものづくり」の歴史を紹介します。

1939

12月

資本金19万5千円をもって株式会社鶴見製作所創立。

1945

10月

社名を愛知木工株式会社に改称。

1946

進駐軍向け家具の製造が本格化。1951年頃まで続く。

1949

映画ブームに合わせ、劇場用連結椅子の開発に着手。

1955

11月

経営の合理化と技術の向上を認められ、模範工場として中小企業庁長官より表彰を受ける。

1959

10月

商号を愛知木工株式会社から愛知株式会社に改称。

1960

鋼製イス等の生産を開始。

1961

4月

春日井工場が完成し、この年から本格稼働。

1962

9月

教育関係に対する功で、褒章条例により表彰(FC-1200等学校イスの普及による教育関係への貢献)。

1963

現代の折りたたみイスのルーツ

FC-1200
堅牢で無駄のないループ型構造、人間工学を取り入れたダブルカーブの背もたれ、カラフルな張地など、それまでの折りたたみイスのイメージを一新。新時代の折りたたみイスの礎として、現在もそのスタイルをとどめています。

1964

折りたたみ椅子で年間販売数日本一を獲得。

3月

「FC-1200」が当社初のグッドデザイン認定。

1967

鋼製学校机・イスのスタンダード

SC-3400
見覚えのあるその姿は、木製品に替わり主流となった鋼製学校机・イスの普及を担ったスタンダードモデル。1968年には学校机・イスとして全国で初のJIS表示許可工場に指定されました。

1968

3月

全国第一号として日本工業規格JIS(学校机・イス)の表示許可工場の指定を受ける。

1976

世界初キャスター付フラッピングテーブル

CTシリーズ
天板を回転させて収納する世界初のテーブル。キャスター付も新しく、移動や収納といった時代のニーズに応えた多目的テーブルのパイオニア。市場の声を開発に反映し、使い勝手が追求されています。

1977

世界初ステンレスパイプ製スタッキングチェア

AISTACK(アイスタック)
世界で初めて13φという細身のステンレスパイプをフレームに採用。独自の加工技術が繊細なフォルムと高いスタッキング性能を実現しました。軽量かつ丈夫、優れた座り心地は、多目的スペースのベーシックチェアの理想形を現しています。

1978

4月

前社長の島本準一が「勲五等瑞宝章」を受賞。

1980

8月

建設大臣より建設業許可を受ける。

1984

10月

島本準一が会長に、島本迪彦が社長に就任。

1986

折りたたみイスの常識を変える

MILO(ミロ)
世界初の垂直フルスタッキングが可能なウレタン樹脂フォールディングチェア。台車に50脚積載可能なスタッキング性能は、様々なシーンで優れた機動力を発揮。折りたたみイスの常識を変えたソフトな座り心地と、デザイン性の高いフォルムは多くの愛用者を生んでいます。

1987

3月

世界初の垂直フルスタッキングが可能なフォールディングチェア「MILO」発売。

4月

世界初のシンクロトップ機構

CTN
天板の回転に連動してキャスターが上下する「シンクロトップ機構」を世界で初めて開発。使用時はキャスターが上昇しテーブルはしっかり固定され、天板をたたむとキャスターが接地して可動できる画期的な機構。抜群の安定感と機動性により、使い勝手が追求されています。

1988

3月

日本初のホール客席イスのデザインコンペに当選

ATS-2250
日本で初めて行われたホール客席イスのデザインコンペで金賞を受賞し、名古屋国際会議場に採用されたホール用シート。背もたれを倒すことにより前列のイスがテーブルになる画期的な機構。世界デザイン会議など多くの国際会議で活躍しています。

1989

6〜11月

創立50周年を迎え、記念フォーラム・パーティーを名古屋で、新製品発表会を東京・名古屋・大阪にて開催。

1990

7月

ヨーロッパ等の一流家具を集めた展示発表会を東京・名古屋・大阪にて開催。

1991

1月

名古屋に新本社屋完成。

1992

9月

「axona AICHI(アクソナ・アイチ)」を正式にブランド名とする。

1993

7月

春日井工場に「テクノセンター」完成。

1995

6月

伸縮式移動観覧席「テレスコープスタンド」が、建設基準法第38条の規定と同等以上のものであると、建設大臣に認定される。

1998

1月

環境保全の取り組みの一環で環境保全適合商品の社内基準を設定。

世界初メッシュスタッキングチェア

TECS(テクス)
世界で初めてメッシュを使用したスタッキングチェア。国際特許製法によるメッシュとフレームの一体成型や、メッシュサスペンションとトーションバーによる自然な座り心地など、様々なテクノロジーを融合したスタッキングチェアの進化形。強靭な耐久性や45脚スタックできる超スタッキング性を兼ね備えています。

1999

10月

新素材メッシュとテクノロジーの融合から生まれた「テクス」がグッドデザイン中小企業庁長官特別賞を受賞。

2000

6月

春日井工場が国際品質保証規格ISO9001認定取得。

2001

4月

春日井工場が環境マネジメントシステムISO14001認定取得。

2006

4月

アメリカ、ヨーロッパで「テクス」が「Daylight」名で発売。

2007

11月

東京国際家具見本市「sozo_comm」に出展。「ルッシュ」、「テクス」、「ミロ」が最終選考通過。

2008

2月

ドイツ・フランクフルトで開催の国際消費財専門見本市「アンビエンテ」に出展。
「sozo_comm」に「ルッシュ」、「テクス」、「ミロ」を展示。
平成19年度愛知ブランド企業に認定される。

2009

7月

春日井テクノセンターに「デザインギャラリー」を開設。デザインギャラリー内に「VOC測定室」を設置。

9月

「デイライト」の輸出用梱包が日本パッケージコンテストで最高位のジャパンスター賞/経済産業大臣賞を受賞。

2010

2月

大阪に「デザインギャラリー」を開設。

5月

東京に「デザインギャラリー」を開設。

6月

「デイライト」の輸出用梱包が世界のパッケージコンテストでワールドスター賞を受賞。

10月

オルガテック2010に日本の専門家具メーカーとして初の単独出展。

スタッキングチェアの新たなグローバルスタンダードモデル

Tipo(ティーポ)
背・座・脚端に再生100%樹脂/メッシュを使用し、さらに廃棄する際は分解して分別回収を可能にしたリサイクルプログラムを採用した「Tipo」を発売。後に脚フレームが異なるシリーズやネスタブルバージョンも発売され、Tipoシリーズとして拡充。

11月

スタッキングチェア「ティーポ」が「グッドデザイン中小企業長官賞」を受賞。

2011

1月

社長の島本迪彦が、日刊工業新聞社が主催する「優秀経営者顕彰」を受賞。

2012

10月

2010年につづき「オルガテック2012」に連続出展。

11月

「AITイノベーション賞 オルガテック2012」 最優秀賞を受賞。

2014

9月

「オルガテック2014」に出展。

2015

1月

春日井工場に新棟を竣工。

3月

経済産業省中小企業庁より「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定。

2016

8月

デンマーク・Magnus Olesen(マグナス オルセン)社と提携し、同社コレクションの販売を開始。

10月

「オルガテック2016」に出展。

2017

5月

社長の島本迪彦が「旭日双光章」を受章。

2018

4月

中・四国営業所を広島県広島市へ移転。

10月

「オルガテック2018」に出展。AIT INNOVATION AWARDを受賞。

さらに進化したスタッキングチェア

X50
背・座に弾力性のあるエラストマー樹脂を採用し、快適性とメンテナンスを併せ持った「X50」を発売。また、脚フレームのパイプをプレスすることによってスタッキング時の高さを抑制し、50台スタッキングを実現(専用台車積載時)。

2019

12月

創立80周年を迎える。