axona AICHI 愛知株式会社

ALL

Chat

産学共同開発で生まれたコミュニケーション家具
国立大学法人名古屋大学とaxona AICHIは、名古屋大学 ナショナルイノベーション コンプレックス(NIC)で用いる新しいコミュニケーション用家具を共同開発しました。
イスは議論の形態に合わせて使い方を変えることが可能であり、利用者間のコミュニケーションの活性化に一翼を担っています。
また机は1:√2の比率を基準として天板の形状が導き出され、高い汎用性を持っています。

中腰の状態での利用
背もたれは上部がフラットになっているため、中腰の状態で座れます。離着席が頻繁にある議論などでは有効です。

スタッキング可能
床積みで最大6脚まで積み重ねができます。

SPECIFICATION共通仕様

背・座 布地張〈FNC〉
スチール 粉体塗装(黒)
脚端 樹脂成型品

MEASUREMENT寸法・質量

W530 × D620 × H665[SH450]  7.1kg

COLORカラー

脚フレームカラー

BK
ブラック

背・座張地カラー

CATALOGカタログ

GALLERYギャラリー