axona AICHI 愛知株式会社

ALL

議場

議場空間の多目的利用についてのご提案

市民に開かれた議場における家具
近年、市民に開かれた議会を目指して、議場の解放や貸し出しを検討する自治体が増加しています。その背景には、議会とその活動の透明性確保や、市民の政治参加への機会拡充などが挙げられます。axona AICHIは従来の議会運営に適した家具の配置は勿論、住民参加型の討論会、あるいは講演会・セミナーなどにも対応可能な可動型の議場家具をご提案いたします。

議会形式
議員側と執行部側が対面する配置ですが、議場の多目的利用を図るために、段床のないフラットな床となっています。家具は机、椅子共にキャスターを装備した可動型となります。

議員席:24席 執行部席:24席  合計:48席

会議・討論会形式 48席
問題解決や討論に適した配置です。机をロの字型に配置すれば、参加者の顔がお互いに見やすくなります。

講演会・セミナー形式 48席
机を一方向に向ければ、情報伝達に適した配置となります。傍聴席部分も客席として有効利用できます。

平土間
全ての机を収納すれば、平土間としての利用が可能です。限りある収納スペースを有効に使うために、天板が折りたたみ可能な机をお勧めします。

石川町庁舎
議場を議会以外の用途にも有効活用するため、机椅子を全て可動式とした例です。机(GMT)は天板を折り畳んで収納できるので、高い収納効率を得られます。机の側板(オプション)と名札は着脱式です。ステージも折り畳んで収納できます。
※名札およびな名札立て用天板加工は特別仕様

議会用会議システム

スムーズな議会運営をサポートする会議システム
近年では重要な課題と位置づけられている、円滑で正確な議事進行や、住民に対しての開かれた議会運営の実現に最適なシステムです。
運用・操作性を重視したシステム
■音響・映像・表示・録音・録画の操作を全て1名で行えます。複数の担当者による操作も対応可能です。
■発言者の選択によって、マイクの制御と同時にカメラは発言者に向き、発言者名のテロップも同時に挿入されます。
■議事進行表に合わせた議題などの文字表示も可能です。
■発言残時間の操作や、電子投票にも対応しています。
■使いやすさをより重視したタッチパネル操作を実現しました。
残時間表示・出席議員数表示
■出席議員数、発言残時間表示は、複数表示の対応が可能です。
■休憩中やお知らせなど、議会運営に必要な情報も表示します。
■カラーユニバーサルに対応。見やすい文字で表示します。
出退庁表示システム
■カラーユニバーサル対応でよりわかりやすく表示します。
■生体認証による出退庁確認に対応可能です。
■テロップの利用でわかりやすい情報提供ができます。

CATALOGカタログ

GALLERYギャラリー