axona AICHI 愛知株式会社

ALL

JBW series

国産木材の活用
国産木材の使用は、日本国内の森林の健全な循環を促すとともに、熱帯雨林の急速な劣化を抑制し、地球環境の保全にもつながります。JBWシリーズの主材は、比較的流通量の多い国産の針葉樹合板を芯材にし、両表面に摩耗や剥がれに強く、長年の使用にも美しさを保つ国産カバ厚突板を使用した100%純国産木材の合板です。
安全で使いやすい書架のカタチ
[床置中書架(傾斜型)]
棚板が水平に対して6度傾斜しているので、本の背表紙が下段まで見やすく、地震時でも本が飛び出しにくい設計です。また底面が広い台形のため、書架自体が倒れにくくなっています。最上段の天板を省いたタイプは、書架自体を低く抑えるとともに、表紙見せ等の展示がしやすくなっています。※上2段棚には表紙見せ展示用の溝がついています。
居心地のよさに配慮した書架のカタチ
[床置高書架(垂直型)]
床置高書架は人の目の高さ付近には背板を設けず、見通しのよい設計となっています。

オプション

ブックスペーサー(紙管)
棚の奥にスペーサーを置くことで、小さめの本でも棚の奥に隠れず、前面にそろえて並べることができます。棚のサイズに合わせてご用意いたします。
落下防止テープ
落下抑制テープを棚の前端に貼ることで、地震時の本の落下リスクを低減できます。
※床からの高さ1100mm以上の棚に取り付けることをお勧めします。

CATALOGカタログ